シマノ自転車博物館 

クラシック自転車試乗体験

こども向け

クラシック自転車に乗って走れる!
こんな体験ができる施設は、日本では「大仙公園 自転車ひろば」しかありません。
実際に乗って楽しみながら自転車のしくみや歴史を学べます。

  • ドライジーネ24型/20型

    1818年、ドイツのドライス男爵が発明した木製の世界最古の自転車。ペダルがなく、またがって足で地面をけって走りました。

  • ミショー型ボーンシェーカー

    1861年、フランスで乳母車をつくっていたミショー親子が発明したペダル式自転車。乗り心地が悪く、ボーンシェーカー(背骨ゆすり)と呼ばれ、明治時代の始めに日本へもやってきました。

  • タンデム三輪車

    1869年、フランスで発明された2人乗り用三輪車。前の人が前輪を、後ろの人が後輪を動かして走りました。

  • オーディナリー

    1870~1890年頃、自転車レースで“より速く”走るために前輪をどんどん大きくした自転車。重心が高く不安定で、乗り降りも難しい自転車です。日本へも伝わり「だるま車」として人気を集めました。

  • スターレーサーシャブル

    1877年にイギリスで発明された三輪自転車はラック&ピニオンの操舵機構と差動ギアを備え、自動車の構造の生みの親と言えます。

  • サルヴァ型四輪車

    1878年、イギリスで発明されたサルヴォ型三輪車を、四輪車に改良したレプリカです

  • コベントリ型三輪車

    1884年、イギリスで発明された1人乗り三輪車を2人乗りに改良したレプリカです。

  • 後輪操舵四輪車

    1884年、イギリスで身体障害者用に設計された三輪車を、四輪車に改良したレプリカ。現在の「車イス」の前身となるものです。

  • クリッパー型三輪車

    1890年、フランスでつくられたレース用の三輪車。スピードの出る画期的なモデルだったそうです。

  • 開催日
    7月
    2(土)・10日(日)・16日(土)・18(祝)・24(日)※12時から・30(土)

    8月
    7(日)・14日(日)・21(日)・28(日)

    ※雨天中止・都合により開催日を変更する場合があります。
  • 時間
    10:00~15:30
  • 料金
    一般 ¥200、高・大学生 ¥100、65歳以上 ¥100
    ※中学生以下は料金免除
  • 対象
    小学校3~4年生(身長130cm)くらいを対象につくられています。
    ※未就学児は保護者とご乗車ください。 大人もご乗車いただけます。
  • 集合場所
    大仙公園 自転車ひろば
    ※シマノ自転車博物館とは違う場所になります。
    ※車でお越しの方は、最寄りの「大仙公園第2駐車場(P2)(上野芝地区駐車場)」をご利用いただくと便利です。(1日最大600円)
  • Youtube
  • Instagram